• 大和商業研究所

石門心学風土記 第32回 山城の国 了雲と梅岩の邂逅と切り結び

石田梅岩は小栗了雲の峻烈な指導の下に独自の道を拓き私塾を開講する。京都市中での講話及び『都鄙問答』出版で多くの門人を育てた。その源流は了雲の儒仏理解と胆力にあった。

梅岩の未熟さを徹底して指摘する了雲師

 書物によると了雲の略歴は以下の通り。「故あって京都に隠れ居た、黄檗宗の禅学を修めた人」「老師端荘淵黙(たんそうえんもく)、性命の学を好む、自ら楽しみ以て世を忘れる、石田先生の師也」とある。

 両者の邂逅の幾つかを列挙する。

①梅岩は商家勤めの三十代中頃までに、自性を知ったと自任していたが、ふと疑問を懐き、方々に師を求めたが叶わなかった。年月を経て了雲老師に出会い、性の論に及んだが全く歯が立たず、師として仕えることになった。

②梅岩は上京(かみぎょう)の商家に勤めており、さほど遠くない所に了雲は住まいしていたのだろう。梅岩は半年程、了雲の下へ立ち寄らなかったことがあった。ある兄弟子が「梅岩は優れているが、師が余りにも厳しいので離れてしまった。大変残念なことだと」と語ったところ、了雲は「梅岩のことは構わず」と平然としていた。了雲の一徹さと梅岩との強固な信頼関係が判る。

③一年半ほど過ぎて、梅岩は母の介護のため生家にて扉を開け表へ出た際、「忽然として、年来の疑い散じ、堯舜の道は孝弟のみ、鵜は水をくぐり、鳥は空を飛ぶ。道は上下に明かなり。性は是、天地万物の親と知り、大いに喜びをなした。」都へ戻り師に伝えると、「我が性は天地万物の親と見た目が残っている。性は目なしである。目を今一度離れきたれ」と突き放される。

了雲師の死後、自性を知り開講に至る

④了雲の病が重くなり、梅岩の看病中に煙草を所望される。梅岩がキセルに火を点け吸口を紙にて拭って渡そうとしたところ、了雲は「私の看病をさぞむさくるしい事と思っているのだろう」と怒り、夜半二時前、退出を命じる。梅岩は退き涙を流すも、兄弟子がとりなし許される。了雲はかねてより梅岩に「仁義をテコに使うな」と述べてきた。自身の作法のどこが師の癇に触れたのか、沈思黙考する梅岩であった。 ⑤臨終間際に、了雲は梅岩に「注を入れた書を与える(後継指名)」と伝えたところ、梅岩は「欲しくない」と答えた。了雲が「何故か」と問うと、梅岩は「我ことに当たらば新たに述べるなり」と言い、了雲はこれを大いに褒め称えた。 ⑥梅岩は「漸く薄々本心是の如くかと知り、死後に至って決定せり」。梅岩が了雲の知・行を孔孟の如く尊んだのだ。そして③④⑤が一気に氷解し、大いに力を得て私塾の開講に至った。

 了雲と梅岩の子弟関係は、正受老人が白隠禅師に与えた壮絶な修行体験を思わせる。了雲は仏教用語を用いていないが、黄檗禅の厳しさが伝わってくる。正受老人は戦国武将・真田信之の子息であったが、了雲は一体何者であったか。

【参考文献】『教育者としての石田梅岩』(岩内誠一)、『石田先生事蹟』『石田先生語録』(岩波書店)

【写真右】京都市永養寺に残る了雲の墓

【写真左】梅岩が開講時に掲げた掛け行灯(明誠舎蔵)


閲覧数:7回0件のコメント