top of page
  • 執筆者の写真大和商業研究所

Web松柏舎(ZOOM)6月18日案内

『都鄙問答』「性理問答の段」(岩波文庫)の会読­は全7回中、半ばを過ぎ、5回目となります。

梅岩先生の真髄となる性理問答の前回は、4頁の中に、梅岩魂が満載でした。

①禅僧と儒学者の「生死の一大事」に関する問答。

②儒教(論語、孟子、大学、程子など)を典拠に、生死、仕官、聖知と私知の違いなどが次々に展開。

③「形が直に心」(『荘子』より)。

今回は、どんな話題になるでしょうか。

 

日本人の心を取り戻し、世界のお手本となるためにも、石田梅岩・石門心学精神は不可欠です。

「性理問答」を読まずして、石田梅岩は判りません。

どうぞ、お楽しみにご参加ください。

今月は、69~95頁のうち、85頁6行目~89頁後7行目。

なお、原文(岩波文庫)が読みにくい方は、現代語訳(致知出版社、中央公論社)を読まれても結構です。


【内容】

1.瞑目静坐(円覚寺管長日記)

2.心学の光被 

3.連絡事項 

4.会読【テキスト】『都鄙問答』巻の三「性理問答の段」⑤(岩波文庫)。

69~95頁のうち、85頁6行目~89頁後7行目。テキストは各自入手してください。

5.瞑目静坐


◆初めての方はご連絡ください。


◆なお、対面での松柏舎(大阪市中央公会堂)は、6月24日(月)18時~20時です。



閲覧数:2回0件のコメント

Comentários


bottom of page