• 大和商業研究所

高弟、手島堵庵(てしまとあん)三戒 『先哲・石田梅岩の世界』53

最終更新: 2020年8月14日




【意訳】(手島堵庵は言いました)。私は少年の頃から、歳をとって隠居した後には、人に人たる道を説きたいという志を有していましたので、そのときになって人から私の行動を非難されないように、心がけてきたことがあります。それも、項目が多いと実行しにくいと思い、次の三つを戒めにしてきました。

一.家の事業に精通せず、業績が悪化してしまうこと

二.異性への色欲に迷うこと

三.親戚と仲よく交際しないこと

【原文】われ少年の時より、老いて後は道を説くべき志ありし故、その時人より難ぜられぬ様に心がけり。これも事多ければ勤めがたしと思い、

一.家業にうとくして門おとろうこと

二.色欲にあやまること

三.親戚と睦ましからざること  (手島堵庵先生事蹟)

【付言】子供のしつけ教育

手島堵庵は京都を中心に活動し、師の教えを石門心学として体系化・組織化し、教勢拡大に多大な貢献をなしました。

また、子供向けに『前訓(ぜんくん)』を著して、朝の拝礼の順、食事の作法、両親の言いつけを守ること、言葉遣いなど、日々の留意点をわかりやすく指導しました。席は大人と同様、男女を分け、女子の席には簾をかけました。

写真は手島堵庵が住居した五楽舎跡。

93回の閲覧0件のコメント